現在の活動方針に至った経緯・理由

Freshmiaは、2676年に創作活動を始め、翌年・2677年にブログを立ち上げ、それ以降、殆ど一人でコンテンツを増やしてきました。

そんな活動の元となったのが、3.11事件であったり、「お金のいらない国」の話題であり、この件は今も同じです。

しかし、令和元年までのやり方では、自分の発言と行動にあまりにも矛盾があり過ぎて、本来の「愛の循環」「楽園主義」から逸脱した方針になっていたことに氣がつきました。

そこで、令和二年。Freshmiaが3周年を迎えようとするこの時に、新たな方向へ舵を取ることになったのです。

そして、氣づきました。
自由で解放的なメディアを作ることが、Freshmiaの目的であること!

そんな方針について、各ジャンルごとに状況を説明します。

音楽

Freshmiaは、以前はバンド活動やライブ配信、歌詞や曲の共同制作というのを視野に入れていました。

ただ作るだけじゃつまらない。

バンドをやることで、リアルに音楽を広められ、自分たちも「音楽をやった感」が得られる。

バンドとまでいかなくても、ライブ配信でより楽しいコンテンツを作ることができる。

そんなところで、ヴォーカルの候補は何人かいたんですが、ある人は急に連絡が取れなくなったり、ある人は邪悪どもに寝返ったりして、すぐに消えていってもう散々ですよ。

そして、nana-musicにも登録したんですが、結局オリジナルは殆ど注目されず・・・

まあね、Freshmiaへのアクセス自体が少なかったし、無名のアーティストが最初から飛ばしたって、最初から誰も知らないのは事実。つったーや顔本に対しボイコットを決めるなら尚更だよ。

それでもね、以前までのような、商業並みのやり方、固定のヴォーカルを募集するやり方ってのは、これからの時代には適さないことだって、よく分かったんです。

合唱曲のことや、「歌ってみた」の普及を考えると、別に楽曲は全部解放しても良いんじゃね?と思いました。OKMusicの様子を見ていても、別にダウンロードを許可しても被害は出なかったそうですし。

そして、その大元には、「お金のいらない国」というのがあったんです。

本当に「お金のいらない国」を謳うなら、まず「所有」という概念を捨てなさい、とね!特定の人にだけ歌ってもらうのは、所有の概念と変わらないんです。

そんな理由で、音楽は、クレオフーガ掲載曲のみ、全解放とさせて頂きました!

ゲーム

Freshmia開始の頃から、ずっとウディタで制作してきましたが、マップを作ることとキャラを描くことが目的でした。

そして、音楽を公開する場所が見当たらず、公開する媒体としても使用しました。

そんな制作で、ウディタを使うのをやめてしまった、その理由。

  • まだネタは残っているが、処理し切れなかったり、サブイベやミニゲームを導入するのが困難になってきた。
  • 一人でマップ探索のような手の込んだものを作るのに、K-Flameの今の状況では限界を感じている。
  • うぃんななのサポートが終了し、使われる頻度も落ちる可能性がある。
  • うぃんはちは殆ど使われない様子で、うぃんじゅうがやたら宣伝されているが、そのうぃんじゅうが猛烈な非難を浴びており、非推奨である。
  • ウディタがブラウザゲームに対応していない。

RPGツクールという選択肢もありますが、社会問題的な理由で無料のソフトを重視したいこと、マップチップに制限があること、他のツクール製のブラウザゲームがLinuxでプレイすると異常に重かったことを考えると、無理があるように感じました。

こんなことで、結局終わってしまいましたが、

実は、WOLF RPGエディターの公式サイトにて、HTML5対応とオープンソース化の要望が出ているんです!もしそういうことになり、MacやLinuxに対応し、ブラウザゲームの開発が可能になれば、まったく新しい世界観で制作するのに、ウディタを使用する場合もあるかもしれません。

Win卒業の動きや、K-Flameの周りの環境の変化等、新しい動きが出てくるまでは、一度ウディタはお預けです。

尚、男女関係無く誰にでもお楽しみ頂くという件ですが、男性主人公・女性主人公に関係無くプレイされているようなので、次にゲームを制作する場合、システムの件は保留とします。

これらの点を踏まえ、ゲーム制作は縮小活動状態とします。

※やめることはしません。たまにひょっこり現れるという程度のものになります。

キャラクター・その他

「ふりーむ!」やブログでの発信だけでは、処理し切れないことがあり、動画はといってもそこの技術にはまだ自信がありません。

そんなところで、今考えていることを実行しようと思ったところです。

それでも、キャラが思いつかないことには話にならないし、それがどこまでできるのか?

以前は「姉属性」でしたが、令和以降は、どちらかといえば「妹属性」です。

3.11時代、ありもしない幻を追っていたんですが、その時代をこれ以上引きずるのは自分らしくないと思ったんです。

そこで、もう純粋な「姉」への執着は卒業することに、既になっていたんです。

そんなところで、話が脱線しましたが、

キャラクターについては、きっちりした作品ができるまで、とか勿体ぶらずに、出てきたキャラは公開しちゃえ、とか思ったところです。

キャラも共有物にしようよ、ってね。

一応、何らかの作品が出た場合、殆どは短編で終わるかもしれません。前項目のゲームも同じくです。

総合

すべてを総合すると、まだK-Flameも「所有」という概念を手放せずにいたかな?と思ったのが、根本のことでして・・・

と言っても、「所有」というのは、「不安」から生まれるものでもあったんです。

その「不安」も、邪悪どもの思想やそれらに対する隷属が原因で起きたものだと、見ています。

しかし、今の時代、どうですか?他人の創作物を、誹謗中傷が目的のパロディ等に使われていますか?使われていませんよね!

本来、ヒトという生き物には「愛」があるんです。令和で、それも浮上してきました。

まあ、そんなわけで、もう「所有」と同等のことは、これ以上しなくて良いと思ったところです。

そして、Freshmiaは、もっと自由で解放的なメディアを作るという本来の目的に適ったやり方を、今後の方針としていきます。

以上をもちまして、ゲームの実況は既に容認していますが、規約を守ることを前提とし、Freshmiaサウンドのダウンロードや、Freshmia作品の二次創作も、解禁することとさせて頂きます。

楽曲例

LTMにはプラグイン機能が無いので、何も貼り付けられません。

こちらからアクセスしてください。

Freshmiaの創設者

画像を表示して!

K-Flame

「妹」たちにとっての「楽園」を追究!その中身は、ただ自由に楽しく好きなことをやりたいだけの普通の奴

ページの先頭へ